2010年04月24日

<普天間移設>沖縄知事、県民大会参加を正式表明(毎日新聞)

 沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事は23日、25日に予定される米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の国外・県外移設を求める県民大会(同県議会など実行委主催)に参加すると正式に表明した。普天間飛行場の移設を巡る超党派の県民大会は初めてで、知事が参加するのも初。政府は20日、移設候補地の鹿児島県・徳之島の3町長に会談を申し入れたが、3町長は拒否。仲井真知事の大会参加で普天間の沖縄県内移設も困難になるとみられ、移設問題は暗礁に乗り上げそうだ。

 知事は県庁であった定例記者会見で「自分の考えを県内外に伝えるいい機会だと判断した。鳩山政権には『県外』という公約に沿ってまとめてほしい。普天間の固定化だけは絶対に容認できない。大会で基地の過重負担、不公平感の解消を話したい」と述べた。23日、参加を求めていた県政与党にも来賓として出席することを伝えた。

 知事は、自公政権が米政府と合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設現行計画を条件付きで容認してきた経緯があり、「県内移設反対」を掲げる大会参加に当初は消極的だった。しかし、県政与党の自民、公明が「大会は県民の総意」と繰り返し参加を要請。経済界や後援会幹部らとも協議し、参加を決めた。

 普天間移設は鳩山由紀夫首相が昨夏の衆院選で「最低でも県外」と公言。政権交代で沖縄では県外移設を求める世論が高まり、現行計画を基本的に容認してきた自民党県連、公明党県本部も「県外移設」に方針転換。県議会は2月に国外・県外移設を求める意見書を全会一致で可決した。

 一方、政府の検討過程でシュワブ陸上部とホワイトビーチ沖合(同県うるま市)など県内移設案が浮上し、県議会が中心となって超党派の県民大会を計画。県政与党や実行委が「県外移設は県民の総意」と知事に参加を求めていたが、知事は回答を保留していた。

 県民大会は県議会や市町村、労働団体などで構成する実行委が25日に読谷村(よみたんそん)で開催する。実行委は10万人の参加を目指している。大会には、両市の稲嶺進市長と島袋俊夫市長が参加するほか、グアムへの移設を訴える宜野湾市の伊波洋一市長も出席する。【井本義親】

【関連ニュース】
鳩山首相:大型連休中に沖縄訪問を検討 実現するかは微妙
民主党:「米大使館、日本政府に不信感」と小沢幹事長語る
民主党:予算圧縮進まず 参院選マニフェストで中間報告
普天間:米国務次官補が27日訪日 協議の行方は不透明
高速料金:首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」

党首討論 鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈(毎日新聞)
診療所21件、病院と歯科医院各12件−昨年度の医療機関の倒産(医療介護CBニュース)
うつ病チェック、健診で…来年度から実施へ(読売新聞)
盛岡のごみ施設JFE談合、双方の控訴棄却(読売新聞)
【産科医解体新書】(84)塩分取りすぎ どう防ぐ(産経新聞)
posted by モリ タカシ at 01:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。